住まいにある庭のプラス効果

住まいの庭は住人の心身に貢献する

住まいにはアパートやマンションといった集合住宅もあれば一戸建ての家もあります。
さてそのその住居ですが、戸建ての住居にあって集合住宅にない特徴の1つとしては庭であります。
そしてその庭の存在はそこに住んでいる人にとりましてはいろんな意味で貢献してくれている大事な存在なのであります。
そんな大事な存在の1つであるその庭ですが、そこに住んでいる住人にとりまして最初に大きく貢献してくれていることの1つは、庭の存在そのものであります。
といいますのも庭というのはたいていは家の周囲を取り囲んでいますが、それがあるために隣の家との距離を少しではありますが稼ぐことができています。
集合住宅だと薄いカベ1枚隔てた隣に隣の住人が住んでいますし、庭のない戸建て住宅にしても隣の家との距離は手を伸ばせば届く距離ですが、庭のある戸建て住宅だと約数メートルの距離を稼ぐことができるのです。
これはたかが数メートルとはいえ、距離が離れることで心理的にも他人から離れられるという安心感につながるために精神的な健康に寄与できるのです。

さらに住まいの庭は隣との家の距離を稼いで心理的な不安を減らすだけではありません。もっと確実なこととしてそこでは花や野菜などを植えることができるということであります。
そしてその花や野菜を植えるということはさらにそこに住む住人の肉体的および精神的健康に寄与できるのです。
作業をすることでカラダを動かすので運動不足を少しは解消できますし、その作業の途中で花が咲いたり収穫できたりすることがどれほどの住人の心を潤してくれるかはやった人でないとわからない快感であります。
もちろん集合住宅でもできますが、そこだとせいぜいベランダにプランタ1つ程度しか植えることはできないでしょう。
しかし戸建て住宅の庭ではそれの何十倍の面積の花や野菜を植えられるのです。
もちろん植えるためには水や肥料などのコストはかかりますが、それでもマーケットで買うよりかははるかに安上がりに済みます。
そして収穫できた花は鑑賞するしかできませんが、野菜の場合は自分で消費できるのでこれぞ本当の健康食品として肉体の健康にも貢献できるのです。
仮にもしマーケットに品不足がやってきたとしても庭の存在はわずかではありますが、食料を自分で作れるので食いつなぐこともできる可能性を残してくれるのです。

Copyright 2014 住まいにある庭のプラス効果 All Rights Reserved.